私がスピリチュアルカウンセラー/占い師としてプロ活動を始めたのは大学生の時ですからかなりの年月が経っています。しかし、これを専業、天命として受け止めて始めたのはこの20年ほどです。大学を卒業後一般企業にお勤めしたり行政書士事務所を開業したりピアニストとしてブライダル奏者、ナイトクラブでの演奏をしたりと様々な体験をさせていただく中で占いやスピリチュアルなエネルギーは常に私のそばにありました。

大きなきっかけになったのは、1999年に大病を患って生還してから左半身麻痺という後遺症を得て大きく意識が変わったことによるのですが、詳しいいきさつは動画でまとめていますのでよろしかったらご覧ください。

常々思うのは、ほんとうにこの世で起きることには偶然はない、一つの無駄もないという事です。

まだ、この世でなすべきことが残っているからこそ戻ってこれたといえるのでしょうし、そのお役目はのちに何度か象徴的な夢を見たことでも感じました。このブログでは読んでくださる方の何か役に立つような発見や気づきにつながるようなことをまとめていきたいと思っています。